検索

機内持込手荷物

当社では、お客様の空の旅を安全で快適なものにする為、お客様の機内持込手荷物の大きさと重量について一定の制限をかけております。これは、お客様の手荷物が頭上の棚、または足元に収納でき、非常口または座席の下の救命胴衣の取り出しを妨げる事のないよう、また、他のお客様と接触して怪我をされない様にするためです。

ご購入された免税品につきましても、機内で収納が可能なサイズである場合のみお持込み頂けます。ベビーカー等については、当該便の混雑状況によりお持込み頂けない場合もございます。
緊急を’要する場合や、機内に持ち込む必要がある医療機器についてご質問がある場合には、contact ページをご覧いただくか、+673 2212222までお電話にてお問い合わせ下さい。

ビジネスクラス
ブリーフケース1個 22 x 15 x 8インチ
(55 x 38 x 20 cm)
*一個あたりの重量は、7kg (15ポンド)まで。両方のお手荷物を合わせて合計で12kg (26ポンド)までは無料となります。
及び バッグ1個 22 x 15 x 8 インチ
(55 x 38 x 20 cm)
又は ガーメントバッグ1個。折りたたんだ時の厚さが8インチ(20㎝)に収まるもの。
エコノミークラス
バッグ1個 55 x 38 x 20 cm
(22 x 15 x 8インチ)
重さ7kg (15ポンド)までは無料となります。
バッグ1個 55 x 38 x 20 cm
(22 x 15 x 8インチ)
機内で使う乳児用のお食事、衛生用品、但し、重さ5㎏(11ポンド)までは無料となります。
注: 「キャリーオン」バッグ(埋込みのキャスターと引き出し可能なハンドルが付いたもの)につきましては、全長が45 cm 以下かつ重さが7kg (15ポンド)以下の場合には、機内携行手荷物として認められます。これよりサイズの大きい宿泊旅行用のモデルについては、機内携行手荷物として認められません。